スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い道  ←親鸞上人様とは関係ありません

結局寒くなって釣り戦闘は春先まで日延べになってしまった訳だが
先日早々とオープソしたスキー場のお話がございまして・・・



ちょっと遡って12月1日。
まだまだ長袖Tでも全然平気という気温の松山でありますが。

車で50分ほど高知県側に走った久万高原町では2日前に積雪があったそうで
松山の雪猿達が大変楽しみにしていたスキー場の華々しいオープンを
祝うようである事よのお〜。

などと

しょこりんに話をふってはみたものの・・・。





というのは4年ほど前出かけた山陰の瑞穂ハイランドでの出来事。

ワタクシにむりやり上級者コースに連れ込まれ、そこでえらい目に会った事を
しょこりんは未だに恨みに思っておりスキーの話をしよう物なら

二度と滑りになんかいくかぁ!おらぁ!等と

ワタクシを威嚇叱責するのです。


ところがですよ?

984117_887925897990260_1962942643369003501_n.jpg

あらどうしたのかしら? しょこらさんノリノリ。








それは多分本日はリフト代が無料なのだからなのですよ。

そう。この言葉を聞けばどんな罪も消えるのです。 無料。

1934248_887925731323610_253777740153843852_n.jpg

ということでそんな無料にロマンをかき立てられた
しょこらさんを車に乗せて・・・

どころじゃないほど暖かい日差しの中
ローソンでかった鳥皮餃子を貪りながら、峠にむかったのです。




期待の中ずんずんと900mほど山を登ったが雪は全く見当たらなかった。

この二日ですっかりとろけたようである。

10523358_887926004656916_852149304105055499_n.jpg

屋根の下にちょこっと残ってて子犬的にときめいた。


つうか、はよ柿採って干したれやと思う。

うちの親戚も二束三文にしかならない柿を大量放置で
もっとすごい事になってしまっている訳であるが、ここにきて
農業人口がなんたらと現役農業中年のしょこらさんと論議が始まってしまう。

1916887_887926791323504_4334782685831727196_n.jpg

いい加減切ればいいじゃねえかと毎回思う道の真ん中の木。

でもここを通ると久万スキー場に来たなあという気分になるの。



で、1時間もかからずあっさり到着。

そんなには車もいなくて、ゲート前のいいところに鮮やかに駐車。

この辺、日頃の行いの良さが出ちゃうのよね〜。


等とアフアフほざきながら車を降り、顔を上げた訳だが

1930492_887926531323530_8783802131660880136_n.jpg

その目の前に広がる白いゲレンデ・・・いや。道。



しかも例年になく細いっちゅうね。

1937035_887926044656912_5198234539952683658_n.jpg

もう、とたんにモノクロの雰囲気w

(しかも中島みゆきの最新アルバムが延々ゲレンデ内に大音量)



これはワナにはまったかと一瞬ケツの穴を引き締めたが、




やはりなんちゅうんですかねえ。
         久々に滑ると大変に楽しい。

すぐさまケツ穴解放。

64492_887926091323574_8872659509419538840_n.jpg

これ今日は人は少ないのだが、なんせ狭い中を滑っていくので
結構難関であった。

近所の老夫婦も来てたが、若いボーダーの傍若無人さに
口をあんぐりで中程で立ち往生してたりした。

まあ、スキー全盛だった頃に比べたら世界が変わったわなー。



12377748_887927407990109_6379894529224627673_o.jpg

どんどんボーダーの皆さんが突っ込んでくるので
上手くゲート内に突入できず、そねみながら苦笑いのしょこらさん。


10300093_887926194656897_4069444596446751746_n.jpg

1000メートルも無いコースだからハシハシと20本ばかり滑って
ワタクシはいきなり座り込む若いチャンネーに接触転倒2回 
お兄さんと豪快な絡みで吹き飛ぶ事1回。

しょこらさんはなぜか土の上に飛び降りてしまって
変に苦悩した動きを見せており、周囲を喜ばせていたりした。


今度はもうちょっと幅広い道で滑りたいですわねえ。

12360231_887926371323546_7513955056900067082_n.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。