スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜比嘉島で飯をたかる珍事

 瀬長の島でぬこをいらい倒すという目論みがほぼ失敗して

 もはや本日の予定も迷走状態となった午後4時。


 
 そろそろ泣き出しそうな空を眺めつつ浜比嘉島に向かう事となる。

 うるまだからホテルも近いしね。


 いつもここに出演頂いている久美子姐さんに会えるかなー?と
 思いつつも、時間が時間なので今回は期待しないで橋を渡ったので
 ありますが・・・・・・

 やはり港に久美子さんの姿は見当たらなかった。




 先ずは毎度おなじみのシルミチュー参拝。
 
IMGP7499.jpg

 蚊が多かったのもあるけど、いろいろ問題があって
 鳥居もくぐらず退散。
 今回はしょうちゃんの馬鹿なパフォーマンスは撮影できなかった。 


 アマンジも今回は私のアンテナの過剰反応により参拝中止。


 しかし、せっかく来たのにこれで帰るのは切ないというので
 前から気になってた海岸に降りてみたりした。

IMGP7516.jpg

 意外にきれい。
 晴れてたらさぞやの風景である。

 向こうの海岸で体にイラスト入りの男子が何人か泳いでいたが
 くしゃみ連発してたので若干寒いらしいw

 浸かってみるとぬるま湯みたいなんだけどさ。



_1070931.jpg

 美しい風景には美しい僕が写るべき!ということで
 表情の硬いしょうちゃんを観光写真風に撮ってみました。



 その後は比嘉集落をウロウロ。
 人気もなくますます気持ちが下降していくおっさん二名。

IMGP7524.jpg

 そうしたら




 なんということでしょう。




 
 

 お会いしてしまった。




 お元気そうでなにより。

 (久美子姐さんは昨年店をやめており、
  リピーターの観光客からは死亡説まで流れていたらしい。
  www)


_1070940.jpg

 帰ろうと車を走らせていたら買い物帰りの久美子姐さんとばったり。
 こりゃびっくり。


 不思議な縁もあるものだなあと驚き合い、挨拶だけして
 そのまま帰ろうとしてたら、わざわざ追いかけて来てくれて
 お茶を飲んでいきなさいとの事。


 
 そしたら、お茶のはずが刺身(魚は謎)が出てくるし。

_1070938.jpg

 この辺でレモンティー + 刺身(謎の魚)。


 さらに
 次々出てくるおいしい手料理の数々。


 家庭版ソーキソバは、浮ついた観光客向けのそれとは違い
 かなりパンチの効いた物であった。
 我々玉砕目前。

_1070945.jpg

 慰霊の日は休日との事で、あの息子も同席。
 順調に巨大化しているようである。

_1070943.jpg

 わしらに出されたジュースをおかまいなしにがぶ飲みする姿は
 10年ほど前初めてあった時の(当時4歳?)、
 ワシのかき氷を奪って食おうとした姿そのまんまで、今後の
 巨大化に大変期待を持たせる物であった。

 

 この辺から人が増え始める。

 比嘉集落の区長とこの奥様が乱入。
 久美子さんが若い(?)つばめを家に連れ込んでると
 噂がながれているらしい。

 つばめどころか婦人会なんだが。

_1070946.jpg

 しょこりんと婦人会の催しについて語っているようである。

  〜奥さん今度のハーリーは焼き鳥でも売る?〜 てきな。



 なんだかんだで親類のネーサンが乱入したりで
 話が盛り上がるうちに日が暮れて・・・・

_1070951.jpg

 お見送りまでして頂いてお家を後にしたのであった。



 駐車場への道を歩いていたら
 区長の奥様と前回の沖縄編に登場したみっちゃんがゆんたく中。

 みっちゃんも飯を食いにきたかったが
 足が痛くてここで座り込んでしまったらしい。

 翌週がハーリーなので、若い衆が浜で練習してるの見てたらしい。
 やだ!我々だって黒い筋肉見たかったw

 久美子姐さんの親戚の息子が練習帰りで通りかかったが
 マッチョ&イケメンで、しょうちゃんと二人で目を剥いて
 発情してしまったのですw

 
_1070953.jpg

 でもしょうちゃん、ちょっと手ホゲ。


 お二人にあんたらは可愛いねえと、
 なにやら意味深げなお言葉を頂き
 素敵な浜比嘉島を後にしたのであった。




 そして島を出たとたんに大雨。


 ここの神様の気遣いといったら最高。w


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。