いちごがり〜ん。


いつもどおり行きつけのカフェ、サラサさんで
店長の常連サービス付きお昼を頂いて居りました。

IMGP6828.jpg

外が随分暖かくなってきたので、おんものテーブルで
優雅なイメージ。



IMGP6831.jpg

お外は風が気持ちいいことであることよのお〜、と
うれしそうに喰って居りました所に


「そういやあ、妹さんが苺狩りに抜け駆けしてましたぜ」と
 店長からのさりげないチクリ情報が。


店長つながりの苺農場が近場にあるのだが、聞く所では春休みも終わり、
お客が減って芳醇なる実が成りたおして収穫追いつかなくて大変なんだって。


ここは人助けのつもりで来週一緒に行こうやあ〜等と言ってたのに
あのアマー!

憤りに震えつつも大変に羨ましくなってきたので
即時にでかける事にしましてん。



ランチで腹一杯なんすが大丈夫なんどすやろか?


しかし、さっそく店長に電話を入れて頂き、
暇なんで別の畑に行こうとしてた園主を引き止め
「我々が行くまで閉めない様に!絶対!」等と身勝手な主張をして、
のんびり(胃の隙間拡張作戦)現地に赴いてみたのです。


IMGP6853.jpg

で、
あるわあるわ。
勢いで、とりあえずもう口から赤い汁が噴き出す程喰い。



新種とかのピーチベリーもゲット。これが完璧にも桃の味w
不思議だ。

IMGP6832.jpg

いろいろ喰ってると、ぶどう、ヨーグルト、メロンに近い物もあって面白い。

いやしかし、なりすぎて熟れすぎてもう喰えなくなるのが多数。
これはもったいない。
奥まった農園で宣伝もあんまりしてないから一気に客足が引いたらしい。
GWに期待ですなあ・・・。


IMGP6847.jpg

新しい品種だの、農業後継の展望等深い話題まで
(暇で仕方ない)園主殿とまったりお話し出来てこちらはすっかりご満悦。


そんな事をお話しした後は
苺の利尿効果で襲ってくる強烈な尿意と戦いながら帰ったのです。






あ、帰り道で放尿に立ち寄った公園で懐かしい子に会った。
1年半ぶりくらいじゃないかな。 猫のよしだ君。

IMGP6858.jpg

遠くでウンコしてるの見つけて 『よしだー!』って叫んだら
走って来てやんの。


覚えててくれて嬉しかったが、相変わらず俺様態度。
イケイケぶりは健在であった。