スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見再び

img_0220.jpg

 ※参考写真 真庭の醍醐桜
  http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/064daigozakura.html




 NHKの新日本風土記のOPでぬどーんと流れる
 あの素敵な桜がまだまだ見頃というので、
 アゴイル隊長(最近パール子と名前を変えようとしている)が
 すっかりご垂涎。


 ということでデカマラパール子さん・・・じゃなくてアゴイル隊長の
 強力なバックアップのもと行ってきました岡山のどんずまりへ。


 が、折角なので途中下車。


IMGP6665 2

このボリュームで200円。そこは流石の日の出さん。

IMGP6666.jpg

 だけど大してうまくねえぞ。おい!
 と、少し切れ気味に日よけをゆさぶって仕返し中。





 さあ、そして何百キロも走って来たその先!

IMGP6728.jpg

 見事なまでの葉桜であった。


IMGP6675.jpg

 到達前に地元の先達のお墓の前で死んでみちゃったりするアタクシ。



 しかし、そうはいっても流石の千年の桜。 樹高18m、枝張り20m。

IMGP6681.jpg

 花はなくとも神たる威風を漂わせ
 山頂に堂々と立って居られたのであります。

 聞いた話だと満開時(参考写真をみれ)は
 大渋滞で5時間待ちとかあるんだって。あなおそろしや。

 葉桜で文句たれてるおばさんもいたけど、これでよかったのかも。

 今年は特に花付きが良くなかったそうで。
 4年に1回くらい最初の写真みたいになるそうです。

IMGP6691.jpg

 山頂部にこの桜は本当に絵になりますなあ。
 老木だからかわからないけど、花が非常に小さい。
 我々のしってる桜の半分くらい。


 かわりに満開だったミツマタの花とアゴイル隊長。 

IMGP6686.jpg

なんだかメルヘン〜。



しかし、人が沢山来るからってことからなのかわかんないけど
ここいらの方々、もれなくお家の庭をこれでもか!ってくらい花で
飾っていて、まるで桃源の様であった。

IMGP6669.jpg

 来る人にもにこやかに挨拶されてて、
 偉大な桜の存在に恥じぬ心の余裕をもった人々がお暮らしなのであるなあと
 感心してみたりした。

 まあ、季節柄商売っけガッチョリなところは目をつむるとして。


IMGP6719.jpg

 そんなハニートラップにひっかかって塩羊羹を買ってしまう隊長。

 あたすは焼きたてタイヤキに心が折れそうですた。



 しかしまあ、折角ここまで来たのに不完全燃焼もなんだからと
 更に足を伸ばしていってみたのが 新庄村 がいせん桜通り。

IMGP6797.jpg

 ここは文句なしの満開だった。
 100年程の古木がアーチ状に並木となって実に不思議な感じ。

 記念の行き倒れ。

IMGP6756.jpg

 しかし、もっとなにか町的に湯布院の様な場所を想像して行ったのだが
 ほんとに山間部のただの通りでやんの。

 家の中にせせらぎを引き込んで軒先にでっかい鯉が泳いでいたりと
 それなりに雰囲気は出てるんですけどね。

IMGP6798.jpg

 そんな状態に不満顔なのか、情景にほっこりしてるのか
 よくわかんない表情になってしまったパール子・・・いや隊長さん。

 
IMGP6774.jpg

 明らかに異常な組み合わせの親父3人組に見事目を留め
 おいしいジュースは如何ですか〜♡
 などと声をかけて来た改造車のオネエさんがいたので立ち寄る。

 その名も『さにーずかふぇ』

IMGP6778.jpg

 
 後で画像見たら、ちゃっかり指が三とニになっててやられた感。
 まあ、敬意を表して顔晒して宣伝してあげることにした。

IMGP6782.jpg

 タピオカ入り桜サイダーをサブイボたてながらのんで
 本日の〆としたのです。
 


 帰りの運転、アゴイル隊長に全部してもらってすんまそん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。