スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄行ってみました その3

 3日目です。

 昨日の夜

 おそらく朝方窓の外を飛んでたのであろう巨大くそ蠅が
 こっそりと室内に侵入しており、ショコリンが寒イボ立てながら
 部屋の中を走り回り、ついに殺害している夢を見た。
 (ブイブイ逃げ回るので疲れて落ちるまで追いかける作戦)


 朝起きたら、それは夢じゃなくてほんとの出来事だったんだってw
 しょこりんの健闘の証はゴミ箱の中の蠅死体を包んだ巨大ティッシュボールであった。
 
 よって今朝は窓を閉め切って、清々しいおーしゃんびゅーバルコニー禁止。


 朝飯後、朝日を浴びながら波打ち際にて人生を語る老夫婦を横目に
 波間に大量発生していたお魚(種類不明)を見て
 きゃーきゃー大騒ぎするちんこババア2名であった。

 妹へのお土産にと漂白珊瑚を何個かひろう。素敵だ。


 今日の目的は浜比嘉島。
 毎度楽しい久美子姐様に会いにいくのである。
      (もちろん会えるかどうかは運次第だが)



  浜比嘉島は夏らしい空気に満ちておった。
  


  すがすがしい風にショコリンご満悦。
  
IMGP2213_20120507011002.jpg


    ここへきたのは神様事でもあるので、アマンジに渡りお参り。
  
    墓所は恐れ多くて撮影できんので
    いつもの如くこんなんで・・・。↓

IMGP2209.jpg

    こんな事してて・・・と思うでしょ?
    寝転ぶと生みの親たる地の気を強く感じられまする。(何言ってんだかw)
    
    しかしまあ、あながちウソでもないので
    疲れ切った時はぜひ地に伏し、荒熱を吸い取ってもらってください。


    さて、その後 
    シルミチュー霊場の方にも。
    前回真夏の炎天下歩いていって、かなぁ~り精神的肉体的におみまいされたので
    今回は車で走ってわずか3分。
    
IMGP2132.jpg

   要の洞穴は相変わらず鍵が閉まってて格子の外からお参り。
   
   帰り道で鍵を持ったお参り風の一団とすれ違い、ついていこうかと思うが
   不審に思われるのもなんなので断念。
   
   でね。なんか霊場近くにカフェがあるのであるが
   霊場入り口付近に少々意味不明の駐車料金、入場料等の看板があり
   もしかしたらここに入るのはオゼゼが必要なのか?個人所有なのか?
   等と不穏な気分となる。

   奥にもナイスな所があるらしいのだが無駄に金をとられるのが嫌な主婦なので
   離れた港に車を止めてこっそりお参りしたのです。



   通り雨がきたのでパパイヤの幼木で雨宿り。
   こういう妖怪いそうだなw

IMGP2148.jpg

   昨年来た時に山ほどいた巨やどかりと巨ヤブ蚊は一匹も見当たらず、
   ただ大きな蝶が沢山飛んでいて、それはそれで不思議な光景であった。

   
   道を走っているとちょうど久美子姐さんがお店を運んでいるところで
   声を掛けると、あら~!もう一年経ったのかね~!と、お返事が。
   よかった覚えてくれてたw

IMGP2193.jpg

   ユックリしていきなよ~と、そのまま緊急パーティーが開催される。
   日がギンギンに照ってきてて大変に暑いので、漁船の影に避難。

   写ってないが、久美子姐さんの兄貴も乱入してました。
   意味不明の方言でお互いに攻勢をかけたが鮮やかに負けた。

   通りがかりの焼き芋屋さんから焼き芋を買うw
   久美子姐さんの友達だって。

IMGP2189.jpg
   
  ぼきのチン子より巨大な芋が2個で200円。 激安。
  しかもゲロウマ。
  売ってくれた親父は何を言っても返事もしないが
  こちらがいつまでも喋っていると、ふへっと はにかんだw
  シャイなんだね。


  30分後、ミッチャン乱入。

IMGP2197.jpg

  通りがかりに見てて、お家でアイスコーヒー作って来てくれたの。
  焼き芋と持ち込んだ焼き菓子、アイスコーヒーで乾杯。
  
  楽しそうには見えるが、熟年層が集合して明るい未来の話になるはずも無く
  病気の話と将来の不安、家庭の情事などのディープな話で緊迫する。

  っそして
  熟年パーティは、つぎつぎやってくる店の客をすっかり無視して1時間近く続き
  お昼もすっかり過ぎているのに気づきお開きとした。
  



  この後は斎場御嶽方面に向かうのであるが
  途中で勝連城へ立ち寄った。
  何回も沖縄来てるのにショコリン来た事ないんだって。

IMGP2233.jpg

  自分的にこの城跡は不思議な感じを受けるところで
  なんだか神の目を感じるところなのです。  
  まあ、元々そういう場所に作ってはいるんだろうけどね。
  
  
  一のくるわに登れば眺めもよろし。

IMGP2274.jpg

  吹く風もよろし。

IMGP2257.jpg

  ウタキの前で、説明書きのまねをして合掌。    

  大変に気持ちがいいのです。


IMGP2251.jpg

 ショコリンも不思議かつ不穏な気持ちとなり、
 勝連城の守護神による神気を受けるべく瞑想。
 尻が痛かったそうです。


_1060618.jpg

 四のくるわに下りて気がつくとショコリンの変なポーズ。
 ぬぬ。


IMGP2285.jpg

 ↑ これ撮ってたんだって。 


 車に戻って久美子姐さんがくれたお土産の袋開いたら
 世にも恐ろしい毒々色も素敵な、アメリカンなキャンディーの数々。

IMGP2289.jpg
 
 ビジュアル的にナイスなお土産を舐めつつ南下を続けるのであります。
 

 そんでもって、来た先は
 ハーブカフェ ウコンサロン

 ありんくりんで紹介されてて来てみたかったの。(ヒロのみ)

_1060629.jpg

 内部はカフェとハーブ園(早い話がただの畑)で構成されてる施設。
 飯を食ったらハーブ園内の見学は無料なので、ネタ作りに奔走するも
 まあ普通・・・。


 飯はハーブを使った素敵なお料理のバイキングであった。

 飯を前に意味も無く店のお姉さんと記念撮影w

_1060623.jpg
 
 コックの兄さんに、今日はもうすぐ閉店なんでしっかり食べて下さいと言われ
 頑張って食う。

 料理の雰囲気は大変グーであった。
 ぼんやり見てたら暇だったのかあれこれ味の説明もして頂け、お得であった。

IMGP2295.jpg

 サラダの中に入ってた多肉植物。
 家に生えてんだけど、あれ食えるのか・・・と大発見だったが
 求めて食いはしねえよなと思い直してみたりもした。

 ここにはオリジナルのハーブティを作るという企画もんがあり
 これもやりたかったので参加。
 
IMGP2321.jpg

 先生は先ほどのカフェのお姉さんであった。
 
 カルテを書いて準備をして頂き、くだらない親父ギャグを連発するもシカトされ続けて制作完了。 
 俺は作業が大変早いとお褒めを(サービス?)を頂きご満悦。

IMGP2324.jpg

 銘々 にゃんこ先生すぺさる  レモングラスベースのお茶である。うまい。

 〆にお姉さんと一緒にまたもや記念撮影。
 めっちゃ写され好きですやんw
 こういう人、気持ちが楽でいいわあ。


 ハーブボール等も購入して、すっかりお満足の面持ちで表へ出るが
 すっかり夕方近くになり行こうと思ってた斎場御嶽は5時で閉鎖。
 聖地なのに閉鎖って何だろうな、しかし。 

 
 なので、お膝元のあざま港で久高島行きの最終フェリーを
 切ない気持ちでお見送り。

IMGP2334.jpg

 人っ子一人居ない、あざまサンサンビーチで
 斎場御嶽を背に久高島を遥拝して今日の〆としたのです。
 (ここのガードさんはいまいちやったとですw)

IMGP2346.jpg

 そういやあ帰りに寄ったジャスコにいろんなメーカーのジーマミー豆腐が並んでて
 しかも100円程度の価格で売られてるのが素敵であった。

 いろいろ買い込んで食ってみたけど、150円以上の方が美味しいねやっぱ。
 
 (そして帰った来て、こちらには糞高い
             ごま豆腐しか無いのにがっかりするのである。)


 夜半にですけ君から先に東京に帰ります~とメールが来て
 ああ、いよいよ旅行も終盤になったのだなあとしみじみ。


 その4に続きます。

_1060731.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。