スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那覇桜坂あたり夜の七時はネコの森

SH3C0247[1][1]

いきなり回想的画像でございますが・・・
オクマよかったなあ。

イケメソのお兄ちゃんにも絡めたしw


さて
やっと那覇に戻った4日目の夜でございます。
P1030001[1]
(第一)牧志公設市場のツバメさんで美味い中華をかっ食らった後は
:ちなみに撮影は女将さん。ありがとうございます。

脂と酒による内臓への負担などお構いなしに
当たり前の様に雪塩ソフトクリームを胃に叩き込む。
P1030109[1]
いろんなフレーバーのお塩があり、パラパラとかけて食べます。
ひろさんは柚子味がおいしゅうございました。

店のチャンネーが適当なのか、現地サービスなのか不明だが
ソフトのとぐろ幅が異常にでかい。

ショウさんは激しい暑さの中舐め食うのがまったく間に合わず、
赤子が食った様にデロデロヂュルヂュルにしてしまい
しつこいはずの客引きが後ずさりする始末であった。

(客引き撃退にお勧めです。デロデロ 但し周囲の人も口を半開きで引いてゆきます)



そんな夜の帳も降り始めた午後7時。
不穏な気持ちを抑えつつ

商店街を離れて、ネコパラダイスとの聞こえも高い
希望が丘公園周辺を散策でございます。

P1030003[1]
今回の第一発見那覇猫さん。


これを皮切りに3mごとに猫様がw

夕暮れなので画像がボケ気味なのはご勘弁。


P1030015[1]
むふ~っとリラックス中のところ声をかけたら
なんやの?と、 愛想よく喋ってくれた子。

P1030022[1]
またおいで と言ってくれましたので、腰を撫でて敬意を表します。

P1030034[1]
声をかけても撫でても無反応だったブッチ。大物です。
耳が逆三角に切れ込んでる子がいっぱい居たがなんかの目印か?

(保護活動の痕跡もあちこちに。)

P1030011[1]
さらに愛想の無いブッチ。
ほふく前進で何とか撮影成功。

P1030052[1]
美人さんですね~。
この子は坂の下まで見送りに来てくれました。

遊んでほしかったみたいですが
蚊に食われるのが嫌なので、なでなでしてお別れ。


P1030096[1]
こっち来んじゃねーぞって言われた。


P1030075[1]
子猫もたくさんいました。
この子は特に物怖じしなかった。

オヤジが孫を可愛がるような気分になってしまい
ここで20分も足止めをくらう。

P1030090[1]
元気に育てよ。


なんかゲイ系のそれっぽいお店が周囲にあったが
猫に翻弄されてまったく興味がわかなんだ。

まあ、それでよかったのかも。

ホテルまでの帰り道。
どうみても 主な特徴→→ホモ といった感じの
素敵な男性方にメンチを切り倒され、とても暖かな気分となる。
翌日なにかのイベントがあったらしいね。

そして

最終日のお昼は

P1030127[1]

すでに裸一貫になるまで資金を使い果たしており
メロンパン1個のみで我慢でするのであった。
(かろうじて沖縄マンゴー味 頭が割れるほどマズイ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。