スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバ!スローライフ!(湯治)

ヒロです。

ビバって なんだろな。よく考えたら。
さて。
冬も後半である。

左足半月板の不調から今期は雪の中で遊ぶ事が出来ずただひたすらに
○○をくわえて虚ろな目をする週末が続き、ストレスからか暴飲暴食に
走ってしまっていた訳で。(暴飲:ポンジュース他 暴食:プロテイン他)

胃と循環器を休める為に緩い旅に出かける事にした訳で。

緩い=スローライフならばもう、沖縄を目指すのが妥当であろうと言う
手の施し様も無い結論を導きだしたオヤジ2名は格安ツアーの熱い
バックアップを受けて飛行機に乗り込んだのである。

徒歩で空港へ向う。(どんな田舎だ、俺んちわよ)

歩き30分→飛行機1時間半→そして4時間後

俺らのいう事を聞かないナビの扱いをめぐりレンタカー内で
醜い人間模様があったがここは割愛。

で、こんなとこへ行き、拝む。
IMGP9725.jpg


そして国際通りで、テレビに出る程愛想がいいとのふれこみの
椅子に座る麻呂柄猫にえらい事そっぽを向かれる。
俺だけ特別扱いだ。だきな猫であった。
IMGP9738.jpg

市場で無理矢理魚を売りつけるおばはんをいらい倒し
何も買わずに逃げ去る。
通りに出た暗い所では、気持ちのいい所へ連れて行ってやろうと
タクシー運転手に絡まれたので、
非人道的な罵声を浴びせて心よりのお礼とした。

その後日も暮れて飯を食おうと奔走するも
お約束の雰囲気が過ぎて食うに困り結局    モスバーガー。
どこがスローライフだ。

ホテルへ入ると豪華なエントランスに似合わぬ和室。

IMGP9743.jpg

この辺りで本来の目的が薄れて熱海に温泉保養に来ている気分に。
そういうことで夜も更けて大浴場。
眩暈ついでにサウナ用の塩をぶちまける。
もうぐちゃぐちゃ。

夜中にも関わらず脂菓子を食うだけ食って
激甘い酒をしこたま呑んで寝る。
さらに深夜、私の中の違う人が出て来て騒いだらしいが
全く記憶無し。

翌朝は爽やかに目覚め(脂効果)浮腫む顔を(甘い酒効果)
曝して早朝から観光ドライブ。

自分達が住む土地の夏を感じさせ大変気持ちがよい。
夏に来た時は本島は暑さで煮えくり地獄だと思ったが冬はいい。

お約束で ちゅらうみ水族の館で水族どもをいわすことにする。


入ったとたんえらいこと混雑する人でやる気を無くし
館内滞在時間10分。

海に出て腹いせに蟹を投げる。
IMGP9813.jpg

お花の祭り開催中でいろいろイベントがあり
丸刈りに模様付きのお洒落小中学生が演ずる
エイサーに感心してみたりする。太鼓の音がいい感じだ。

さあ、次は祭りも繰り広げられているという
いまや満開と噂の桜を見に行く事に。

IMGP9862.jpg

美しいが しかし、ちっとも桜じゃあない。
桃の花の様であった。

勢いで自主的に結婚式に参加。
IMGP9898.jpg

沖縄地方の儀礼的な風景を見るのは初めてなので
いたく感動したが、裏手で神女の方が服装チェンジしてるのを
目撃して、シュールな戦隊ショーを見ている気分になった。

お昼は道沿いにあった くろちゃん食堂

出て来た物を見て、一瞬頭が割れるかと思うが来合い入れて食う。
ML_SA3A0106.jpg


腹がくちたらまた海へ。

地元の引き締まった身体の高校生が泳ぎながら暴れており
仲間に加わりたくなるが、ゆるぽなので恥ずかしさが先に立つ。

しかし悔しいので
周囲等おかまい無しにエロ写真等を撮る事にした。
IMGP0073.jpg


帰り道。腕に血管のボコボコ浮き出たビルドアップアメ兵の
香水の匂いが通り過ぎざまに車の中にまで流れ込み
こりゃあきついな・・・と軽い目眩を感じたりした。

ホテルに帰ると布団がぴったり引っ付けて敷かれており
うすら微笑みながらセットをしたであろう部屋担当の顔が浮び
思わず身体の火照った新婚妻の気分となるが、日焼けして
熱くなってるだけであった。

イベントでなんやらやってたので参加。
ホテルマンのちょっとしょっぱい感じのエイサー後
一緒に踊って汗を流したのであった。
もはやバチバチの観光客である。

結局、ものすごく太って帰ってスローライフにはなりませんでした。
もちろん帰りも空港から30分徒歩帰宅。結構ぐだぐだw

しかしまあ、安いし気楽だし冬の沖縄路は素敵だと理解。

次回はもっと地元の方々と絡みたいと思うのであります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。