2010年10月

シロさん探訪

前回の記事で書いたけど
野良猫のシロさんが気になって仕方ないので
餌やりにいって来ました。

IMGP3641[1]


奴らが向こうからやってくる~
IMGP3637[1]


ずんずん
IMGP3638[1]


ずんずん
IMGP3639[1]
        ぷぎゃー!  怖いってばw      つか、後ろの2匹確実になんか喋ってるよね。




12121[1]
痩せ細っても流石はリーダー。

厳しい目つきで周囲を警戒するシロさん。イカス!
他の猫も無事であったようで、ちょいと安心。







安心したので

最近お近づきになった隣町にある
ため池の猫さんにご挨拶まわり。

P1030771[1]

ここは地元の猫ブログで場所が秘密にされて
画像公開されていた場所であります。
画像から場所を割り出して
荒らしに来たというわけ(ひどい奴ら)


近所の方に餌をたらふくもらってるらしく
こちらの猫さんとっても綺麗なお顔。


P1030762[1]
非常にフレンドリーなので
顔をんべんべ舐めながら
ショウちゃんと俺をいったりきたり。





そしてリラックスをアピール。
P1030754[1]


野良とはいえ、幸せそうなのであった。

しかし・・・・田舎だなあ。
俺らの住んでるとこってw
スポンサーサイト

ラーメン博でラーメンを吐く

地元の大型展示施設で秋のイベントが開催されていると言う。


その中にあった 松山ラーメン博覧会という
少々パンチ力に欠ける企画に引っかかってしまった我々は
お昼ごはんはコレにしとくか・・・と、
なんだか成り行きの勢いで出かけてみたのであります。


会場に着くと広場から道路にまではみ出す長蛇の列。

おおおおおお!と盛り上がるが

それはラーメン博覧会ではなく、建物の中で行われる
子供向けイベントに向かう家族連れの列であった。

P1030733[1]

ラーメン博覧会の会場では
誰も並んでいないのに こちら最後尾という
どうにもならないプラカードをもったピンク色のねーちゃんが
まぶしい太陽にさらされながら途方に暮れており
あまりに愉快で泣けてくる我々。

P1030719[1]
まあ、まだ昼前であるので仕方ないのかもしれない。

とりあえづ、並ぶこともなく650円均一のチケットを買い
めぼしをつけておいたラーメンをゲット。

じっしょく!!

P1030728[1]

            まずい。    吐いた。

 







おわり。








やっぱりラーメンはねえ。発泡スチロールの器じゃ駄目駄目。
しかも段取り悪くって汁すっちゃってw





心から冷えてしまったので
会場についてからたった20分で帰ろうとしていると


企画したTV局の若手営業マン Rクンが休日出勤して働いていた。
会場案内とバイトの指導なんだって。ということで絡む。


Rクンは俺と同姓なので、ジムで名前をお互いに聞き違えた事から
知り合ったんだけど

初対面で俺に言った言葉が

 ○○さん、チンボすげーでかいっすねえ!
 (アンダーアーマーパンツのもっこりが気になったんだって)

 という結構に毛がつくおバカさん。

P1030736[1]

 話しかけたら、お客さん来てるのに
 仕事忘れてトレーニングとチャンネーの話をし始めてバカちんこ丸出しであった。


 ※両名の目つきが半端でねえ状態でしたので
  一般向けに画像加工しております。
  あらかじめご了承ください。

 素顔はボディビル好きの男前です。はい。




何も食った気がしないので
そのまま埠頭へ歩いていって

二人でパピコを分けて食った。

P1030749[1]

天気もよく、風もよく

大変に大損害の午前中であった。

P1030741[1]






帰り道で久々に野良猫のシロを訪ねたら

こんな子でした→ http://tenotsu.blog72.fc2.com/blog-entry-201.html

老衰で死にかかっていた。

P1030674[1]

むくむくしてそこが可愛かったのだが
見るも無残に痩せていて、ご飯もほとんど食べない。

おそらくこの秋をもう越えられないんだろう。


それでも我々を見ると撫でてくれと頭を出した。
この子らは自分の運命を受け入れて淡々としてるなあ。

助けてやれないのを詫びて身体をなでまくった。


ありがとうよ。シロ。

あの世がみえるよw

風邪をひきまして。

たいしたことねーやとほったらかしてたらエライこと発熱。

ぐるぐる世の中が回るので、あはは~と床を転げながら

意識を失い15時間。心がどこかをさまよう内に

世界の端っこでいろんな真理を伝授されるも

起きたら全部忘れている私。

この後は幽体離脱して、色んな友人に迷惑掛けにいこうと思います。



さて



風邪引いた理由。


世の中が三連休というので
負けたくない(?)自分たちも少々ドライブに出かけてきました。


渋滞の少ない近県を目指すと言うことで意見の一致を見た我々は
下道を使い高知方面を目指すことに。

IMGP3521[1]
四国は隣県に向かおうとすると、必ず
急峻な山道を抜けなければならんのでありますが

山間部にお約束なのが清流。
清流と言えばおいしい川魚。・・・ということで

お昼は川魚 アメゴの塩焼き定食(山菜蕎麦付)
本州ならイワナになるんですなこれが。

鮎もおいしそうでしたがここは身のしっかりしたアメゴでキメました。
山菜蕎麦が意外なおいしさで
ショウちゃんが狂った様に汁をすすっておりました。

IMGP3518[1]

そして

毎度外せない須崎市にある道の駅にて
実演カツオのたたきを焼いたそばから食らいます。

IMGP3525[1]
背中に炎の遠赤外線を感じつつ一人前をあっという間に
食い尽くします。
これが半端じゃなく美味い。
カツオのたたきのイメージが全然変わる素晴らしさであります。

しかし
IMGP3538[1]
半端じゃなくまずそうなカレー。
もちろん買わずに撮影のみだ。


腹が完璧にくちたら寺社参り。

36番札所 青龍寺。
横浪半島へ通ずる宇佐大橋をわたって正に南国の風を感じつつ
お寺へ向かいます。

元横綱・朝青龍関が近くの明徳義塾高校に在籍時、相撲部の練習で
駆け上って練習したというエピソードを思い出つつ
IMGP3547[1]
やっぱり途中で死んでみる。
(参拝者が多くてけっこう恥ずかしかったが)

あまりに段数が多くて
バス遍路のおばちゃんたちが、ぎょえええ~なんねこれは~と
下のほうで叫んでるのが聞こえた。

IMGP3552[1]
愛嬌のある狛犬様の表情をまねてみる。
どう?アタス綺麗?

このあと、山中にある滝行場に立ち寄るも
どうやらそのあたりで体が冷えてしまったらしい。

確かにそんな予感があった。
うかつに滝に近づいたらあきませんよと最近注意を受けてたのに
人口滝だからと油断してたのがまずかった。

帰りには左腕がしびれ始めしょうちゃんにさすってもらわないと
駄目な状態に。
湿気で寒々しい場所には行かない方がよいですね。

寒々しいと言えば。
IMGP3561[1]
帰り道にあった松山市のへだらな企画
シンボルツリー。

お堀の広場で寂しそうに光っております。


さーて風邪薬飲んでトリップの準備しなくっっちゃ。

ばびゅっと食う

ヒロです。


あー、毎回くだらないお出かけネタで恐縮ですが
本日は行きつけの蕎麦屋のご紹介。


我々は週2回は鴨せいろを食う男。夏も冬も鴨せいろ。

ということで、我が家から車で2分の大手蕎麦屋さん。

信州信濃の新そばよりも
     わたしゃ貴方のそばがよい。 ←店のキメ文句

P1030665[1]
もう10月と言うのにお見苦しいTシャツ1枚なのは許してね。



我々が座ると
ほぼ自動的にでてくる鴨せいろ。(又来たぜ鴨せいろの二人・・・とかきっと言われてる)
P1030654[1]
そしてそれは我々常連にのみ許された(ウソだよ)厨房やけくその一品。
特大盛りである。(プラス100円でこのボリューム)

盛ざるから溢れて横にだだもれになっているのが特徴。


不敵な笑みの後・・・・
P1030657[1]


口に入るだけ食うべし食うべし!!
もはや蕎麦を食っている形相ではない。
P1030658[1]

真の蕎麦好きに見せたら蹴殺されそうだけど
口の中いっぱいの蕎麦
これが大満足な二人のでありました。
P1030664[1]

ちなみに隣はマクドナルド。
雰囲気台無し。
店出たら流れてくる油の匂いで胸焼けw


さて次回は行きつけの饂飩屋をご紹介します。(おそらくw)
ここもほぼ自動的に商品が出てくる。

たまにはオーダー聞けってばよ。

ブリブリ生まれる

お疲れ様です~。ヒロでございます。



気がつけば10月なんですねい。
順当に涼しくなって良かったなあ。

・・・・・
そろそろブログ書いたらどうなの?

と、まるで他人事の様にショー様からクレームがつきまして
慌てて書いちゃう素直な自分。



ごーかいにチチを吸うておりますのは
先日妹ん家で生まれたダックスの子供であります。
P1030564[1]
やたらとオカンの腹がでかいと思ってたら
出てくる出てくる5匹。
産婆として呼び出されて5時間の戦いでございました。


生後2週間にしてこのビッチな視線。
P1030615[1]
こんなチビ介でも性格が十分でております。

母親の授乳ポーズが大の字っていうのもそうないだろうな。
ワタクシが教え込みましたが
傍目にはかなりひどい姿。
P1030530[1]


あんまり長く家に置くと情が移って手放せなくなるので
貰い手探しに奔走する妹夫婦なのでありました。
P1030529[1]

このかわいい寝顔もあと数週間かな。



ところで、元々ダックスを多頭飼いしていたショーさんに
もらってくれないかと頼んだところ

毛が長いのは手入れめんどいからヤダ!という理由で

あからさまな拒否。

家の前にうんこしてきてやろうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。