2010年05月

ひつじの啼いた日

P1020023.jpg

・・・・ショウちゃんがふくれっ顔なのは何故でしょう。

    1. 揃いも揃って二名ともプー太郎になったから。
    2. 鳩山が不甲斐ないから。
    3. 最近生理不順だから。

 答え: ラーメンがなかなか出てこないから。

 おばはんのケツが後方に見えておりますが
 自分の番だと思ったら、向こうに持って行かれたわけで。

二人ともが無職の夫婦でございますが、
それほど前向きな思考を働かせる訳でもなく
のほほ~んとすごしております。


平日に二人で行動する機会は無かったので
新鮮といえば新鮮な気分。

暇を持て余してぷらぷらと市内を徘徊しております。




さてそんな中、猫カフェに行くのも金が勿体ないので、
12123.jpg
動物愛護センターの営業部長猫 愛 さん

いつもはふて寝を決め込んでいる彼女ですが流石平日。
客がまったくおらず、よほど暇だったと見えて

いにゃっしゃいにゃ~~と大サーヴィス。いい女だ。

手をネロネロになるまで舐めたおされてこちらも大満足。

P1020061.jpg
おもてのゲージで放されてた子犬。

こいつは特に不細工でよかった。

数週間後には炎の中に投げ込まれるのかと思うと・・・。
貰い手が現れることを祈る。




あ、余談ですけど ↓こいつら
P1020070.jpg
帰り道にたむろってたので餌爆弾投下してみたんだけど、
全員目つきヤバくね?
愛ちゃんと見比べると別種の感すらありますな。




で、

帰ろうとすると
P1020063.jpg
端っこにいた羊が ンベエエエエ と啼いた。

また来いよってか。

スポンサーサイト

昼はカンカン日のひかり

田植えも始まった松山ですが、

夏も近いってのに北陸の方は雪降ってるんだって?


なんだかなあ・・。


こちらはキラキラと輝く季節の到来というところでございますが。


さてそんな中


空の光が美しいなあ・・・と、天を仰いでぼんやり歩いていたところ、




結構派手に用水路に転落。
(この辺田舎臭たっぷりね)深さは1mほど。




はっとしたらもう足を強かコンクリに打ちつけ、痛くて唸る自分。


老人かよ。俺はw

幸い人通りはなかったのでズルリと這い出して何事もなかったようにw

でも、履いてたGパン破れて血まみれやし。うひゃ。


のび太くんてさ、しょっちゅう溝落ちしてるけど

生では只じゃすまないよ。まったく。



打ち身と足中の傷で夜も眠れず、トイレに行くのも不自由。

少し前にのんきにアイスを買いに行った幸せが夢の様に感じられた。

↓で、この画像。
          (ショウのおでこが非常に残念な感じでしたので
           少々ぼかしが入っております。ご了承下さい。)
IMGP3853.jpg

そんな事象の愚痴を妹に垂れようと家を訪ねたら

今度は置いてあった枝きりハサミで手をざっくり。

血まみれのおじさんに甥っ子達は大興奮!!

おじさんは身体張って喜ばしてるし。


ということで(心と身体の)傷が癒えるまで暫く
隠遁することにします。うそだけど。

マジ痛い・・・・。







まいにち日曜

ヒロです。

 42歳でプー太郎生活満喫中。

 もうね、今後の金銭的社会的問題など棚上げよ。



しかしながら、もやもやとする心の内は如何ともし難く
浄化を求めて、我が実家の裏から見える「経が森」へと登ってみたりしやした。
(52番札所太山寺奥の森であります)

IMGP0414.jpg

山頂に立つ観音像にまずはお参り。
わたくし後ろから見ると首がありません。



IMGP0402.jpg

眼下には私を育みし地元の海と忽那群島が広がります。

横で写真を撮るのに余念がないショウちゃんをほったらかし、
わたくしは独り思索し感慨に耽っております。

 →幼い頃からここへいつも連れて来てくれた爺さんのこと。
 →前彼も連れてきたんだけど、ショウちゃんに言ったらヘソ曲げるかなあ・・・。
 →ショウちゃんが立ってる上のクヌギにえらいこと毛虫おるねんけどまあええか。

・・・・などなど。


ひとしきり海風を感じ癒された後は、
散々紫外線を浴びている事実に気づいて逃げ去ることにした。

IMGP0436.jpg

帰り道。

梅津寺海岸に巣くうお姐様猫 「ピ」さんに挨拶に行き、

今後の景気と就職動向について暫く喋った。


・・・・猫的にはどうでもよいそうです。



あ、そうそう

ワタクシの腹が臨月なのは気にしないでね。
では。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。