ヒロの日常

こんな屁だれた生活をしておりましたよ


と、まあ近所をウロウロしたムービーを
インスタに上げたりしてたわけであるが

それをボチボチこちらにも貼っておきましょうかねえ…
という、簡単な更新で御座います。



かつて住んでた道後温泉の近くから密かに石鎚山山麓に亡命して
2年近くが過ぎようとしてますが早いもんですねえ…○o。(○゚ω゚)


こっちに来て高知や香川が近くなったこともあり
そっちに行く事が多くなりましたなあ。

   

最初の頃は桂浜なんかも嬉しそうに出かけてたのであるが
最近は目的地も決めずにウロウロ。

調子こいて帰りのことも考えず室戸まで走ってしまい
イノシシが走り回る夜中の四国山脈を越えたりした。


何がびっくりしたって、遠いなあと思ってたら
毎回釣り戦闘に出掛けてる魔都あいなーんが室戸に行くより
更に遠くなってしまったって事。つらたん。

面白いところをみつけたりもしましたけどぬ。


↓↓↓ 伊尾木洞



小規模ながらこんな面白いところもあるんだなあと。


前回のネタにもあったけど琴平あたりまでが近くなったこともあり

うどん屋を攻めたり、札所を押さえたり。

札所はかなり廻ってるんだけど朱印もらってるわけでなし
ワシら何周目なんやろ??





んで、今期はガッツリ休みを取って西条祭りを追っかけたりもした。



地元のショータ(しょこりん)先生はそこまで盛り上げってはいなかったが

ヒロオヤジはちょっとばかりもりあがったぞw




それにしても祭り終わって1ヶ月になろうかと言うのに
未だに酔っ払って太鼓たたいてるのが散見されるんだが
この域に達するにはまだ時間が必要なようだ。


わたしのお墓のま~えで~🎶 で有名な秋川御大はここが地元で

美声を響かせながら毎年祭りを楽しんでるらしいのだが
一度も見かけたことが無いw

混沌善通寺巡礼。


久々にアップ始めたらここ言うこと聞かないし・・・w
何回消えたことやら。
感覚を取り戻すのももう少しっすなあ。

さて、11月早々ぎっくり腰で寝込んでおります。
今年はもうやりたくないなあと思ってたんだけど
嫌になっちゃう。

今回は翌日にはそんな事態になってるとは夢にも思わず
光も綺麗な日であったので朝も早くからお出かけしたのであるが
なぜかうっかり道を間違えた。

いつもは海岸線を向かうはずが、あれよあれよと山の中へ。
引き返しゃよかったんだけど時間に制限があるでなし
好奇心もあって突き進んでみた。
(これには同乗者との意見の食い違いがあり、
          若干醜い人間模様が車内で展開される)


やがて離合もできない悪路に入り込んだ先にあったのがこれ。

naki.png 

生き木地蔵尊

なんだか平家の隠れ里だったとこらしい。
これは新規で彫られたものらしくて時代物は
本体木が枯れちゃって隣で仏さんごと朽ち果ててた。あれま。

地元有志が保存に頑張っている気概が伝わる素晴らしい仏であった。


ああ、そうか我々の善通寺への巡礼へ向かおうという想いが
ここへ引き寄せたのだななどと、不気味なことを考えたが
後で調べたらこの地蔵尊、弘法大師の御影を写したものだとか。
(まあ、四国中そんなもんだらけなんだけどね。死国やし。)

で、すっかり満足したので帰りたくなってしまったのだが
こんな山奥から引き返すのもなんなので進む。



時間も開けずに目の前に現れた見たことあるような風景。

fc2blog_20181103175435781.jpg 

豊稔池ダムであった。

こんなとこだったのね。前は街からきたから不思議な感じ。
ラピュタ的な雰囲気がシュバらしいダムである。⬅︎ダムマニア

今回はゆる抜きしてなくて水が出ていなかった。



これは一昨年きた時の風情。ゆる抜きしていた方がいいなやはり。


この頃には薄曇りだった雲の具合も
すっかり秋めいた素敵な感じになっていた。

道すがら見つけた王墓山古墳


201811031729587bb.jpeg 

美しい前方後円墳の陵線が残る古墳だ。

被葬者はどこの豪族かよくわからんが
とりあえず手を合わせて、上がらせてもらった。
そういえばここで悪ふざけしたのが、腰にきたのかもしれぬと
また不気味なことを考えてみたりした。
(ムービー参照)

20181103173000d72.jpeg

少し向こうに向かう善通寺の大塔が見えていた。
いいところであった。


本日は倍近い時間がかかってしまったが無事に善通寺到着。
駐車場の手前で陸上自衛隊善通寺駐屯地の魅力に流されそうになったが
そこは我々ももう50過ぎだ。
何事もなかったかのように駐車場(200円)に滑り込んだのである。

20181103172957367.jpeg

10年ぶりくらいにきた総本山はやはり大変なにぎわいであった。
明後日からお祭りらしく、幟や装飾がはためき華を添えていた。

しかし地元演歌歌手でも歌うのであろうステージが大掛かりに設置されてたり
フリーマーケット用のテントが大量に設置されていたりと
風情ある祭りというよりフェフが始まるパリピな感じに溢れていて
いろいろと台無しであった。
最近はどこもこうよねえ。


20181103172956ad8.jpeg

だが寺の周りは大塔もあり、古都の風情があり和んだ。

近所のババアが放置飼いしていた糞犬に吠えつかれる3秒前である。



せっかく10年もぶりにきたので
死んだふりをするくらいは失礼に当たらぬであろうと
久々にこんな写真も撮った。

群衆の眼前でやるのはやはりヘソの周りに脂汗をかく気分だ・・・。

20181103173001ea3.jpeg

駐車料金200円も払っているのですぐに帰るのも腹立たしく



先ほどから引っかかっていた自衛隊の皆さんを見学に行った。



ちょうど自由時間らしく黒い筋肉の皆さんがジョギングをしてたりした。
ここの自衛官はガチむち筋肉が多いようだ。


20181103172954662.jpeg

しかし老人と近所の学校の小学生しか歩いていないような通りに
むさいおっさんが二人ニヤリとしながら歩いてることに不信感を抱いたか、
すれ違う筋肉集団に矢のような視線を注がれたのであった。
ものゴッツ見てはるしw

しかし健康で元気な兄ヤンたちを沢山眺めて
こちらもすっかり健康になった気がしたのであった。

翌日ぎっくり腰になったけど。


それではまた。


そういえば。出釈迦寺とか他の札所もまわろうと思ってたんだけど
安いピンサロみたいに一歩進むと駐車料金を請求されるから
プンスコ怒って帰った。

この辺もいろいろまずかったかしらねえ・・・ 
なまねこなまねこ ⬅︎ 祈りの文言


イキナリだけどふっかーつ


皆様如何お過ごしでしょうか。

お寒くなって参りましたあネエ(*´`)ノ(´_`)ンー


つぅて、誰も見よらんとは思うけど
チョロっと更新させてみたりしてw


ネタが準備できてないからインスタにあげてたムービーを
チョロチョロ貼ってみようと思う所存で御座います。



題して

こんな屁だれた生活をしておりましたの巻~

わーわードンドンパフパフうぇーい乁( ˙ω˙ 乁)


今回は近場をウロウロした時編で御座います。
短いムービーばかりだから飽きずに観てね。

 淡路島ドライブ
 
 

宮崎でおっさん4人ブラブラ




宮崎別バージョン




備中松山城でやられた


時系列はワヤで御座います。

こんな感じで何回か更新していきますわあw

近場をウロウロパート2に続くですう!←タラちゃん風



2016、釣り戦闘!


10月某日、釣り日和。

というか、最高気温は31℃となりまるで夏。

さぁ、配置についてあとはアゴイル隊長の船がくるのを待つだけのわたしたち。



0 (3) 



待つ

待つ

ま・・・待たない!

勝手に戦闘開始する我々。

釣るのが先か隊長の船がくるのが先か勝負だ!



0 (2)




あっけなく勝負に負けた我々はなにもなかったかのように、

船に乗り込みレッツラゴー。




0 (12) 




最初のポイントまで5分程で到着。

はやる心をおさえつつ昼ごはんをそそくさと済ませ、

さぁ戦闘開始!




0 (11)




いきなり確変開始の入れ食い状態へ突入だ。




0 (10) 



小さい・・・。

が、それなりに釣れる。



0 (7)




それなりに・・・




0 (8) 




それなりに・・・・




0 (9)



ポイントを移動しながら釣りまくった我々は、

暗くなったのもあって帰途につくことにする。




222.jpg 



snsに乗せることに余念のないヒロポン号。

そして、料理。



0 (6) 



あたりまえの撮影



0 (5) 



そして出来上がった料理の数々。

わたしショコラさんもご飯炊きましたよ。



0 (1) 

はーるの木漏れ日のなかでええ〜

ショコりんさんの山仕事(受粉作業)が本格化したと
死にそうな表情のラインが届いたということで、
初夏の訪れを感じたりしたりしておりますはい。



しかるべき諸事情によりやる気が起こらず

お籠りの過ぎる日々が続いておりましたので

これはいかんと勃起! いや発起!

3月の菜の花の声を聞いてから

何かしらネタになるだろうと

あちこち近場の野山を這いずっておりました。



それほど
ネタ的にはパワーがないけど書いとくねwww

IMGP8616.jpg 

これは毎度おなじみ大洲肱川のほとり、五郎の菜の花畑。

新道が通ったせいか河川敷から見えなくなってしまい
観光客が激減。つうか全くいない。いいのかこれでw
ミツバチの羽音とヒバリの囀りしか聞こえねえ。

IMGP8636.jpg 

この手前、橋の下にちょっとした前ふりの
菜の花畑が作られてて、これがそうだと
勘違いして帰る客がほとんどなのが何か痛々しい。

観光協会やる気あるんだかないんだか・・・。

まあ、人が全くいないので春のワルツごっこを十分に
お満喫でき、我々には大変いいですが。はい。


んで、偶然通り掛かった重信川の河川敷で見かけた椿寒桜。

IMGP8490.jpg 

3月上旬にしては上出来ってくらい桜並木が満開で感動したが、
どこぞのオッさんがドローン(ちんこでろーん)をこれ見よがしに
飛ばして撮影しておりブンブンうるさい。

さらに子供がそれを指差して
ドローン!!ドローン!!ちんこでろーんっと
何十回も叫んでいてブチ切れそうになる。
なので何べんも下を歩き回り、全部に映り込んでやったのです。




日は変わって

以前大変美しく桜が撮影できた記憶があったので、
下灘駅から巡ってみようっちゅう事になったわけですが、
駅に着いたら何か遠方から面妖な音楽が聞こえてくる・・・

新手のゴミ収集車かとおもったらこの汽車、
入線時に自ら音楽を奏でて到着する
座りションベンな優れもの。

http://iyonadamonogatari.com/

IMGP8839.jpg 

五郎駅あたりじゃ、地域住民総出でお出迎えするんだってねえw

鉄ちゃんの血が若干騒いだので、そわそわするが
変に悟られると観光客になめられると思い直して抑えぎみに撮影。



しかし・・・・
発車際にシャイニーなお客様の皆様のお嬢様方に手を振られました。
地元のおっさんと思ってなめやがって...

IMGP8851.jpg 

その後、
車で本題の次の駅に走ったんですが、この列車
あまりに低速であったために何なく追い越してしまっていたのです。

のんきに駅に立っていようものなら、やだあ!また彼奴ら居る!!

あはは!!(ミッキーマウス風)などと手を振られては
たまったもんではなくワザワザ隠れてやり過ごしたのです。

IMGP8913.jpg 

そんな思いまでして登った駅の桜は2分咲き。

悔しいから撮影はしてみたけど、
私の異常な脚の短さが端的に表現されるにとどまったのです。



そして
悪態をつきながら帰ろうとしたその時、
見上げた山頂に何か色が。
IMGP8950.jpg 

北朝鮮のパレード群衆並みに派手な桃の花。
マンセー!
IMGP8953.jpg 

ここの地域民がてきとおにあちこち植えてるみたいな感じで
主体性はなかったが、桃源郷っぽい雰囲気で心和んだのです。

九州から観光に来てた風な老夫婦がおられたのですが、
なぜか我々2名を見るなり怯えながら逃げていかれました。
どういうこってスカ。




家近く、山頂に咲いてる桜も忘れず撮影してきたでよ。

IMGP9005.jpg 

毎年同じアングルで撮ってみてはいるわけだが、
桜の美しさに変化はないのに
自分の劣化に目を見張ったりしている。ううう・・・


さらに
こんなとこも行ってみました。
高知と愛媛の県境あたりにある西村大師堂のシダレサクラ。
http://www.kuma-kanko.com/modules/gnavi/index.php?lid=49&cid=1

IMGP9054.jpg 

もう桜の時期は完全に終わってるんだけど、
山奥のおかげで少し花が残ってました。




サアアアーーーーここで事件です。

突然激しい便意に見舞われたショコりんさん。
駐車場のトイレに駆け込もうとしたら・・メーデーメーデー!!
鍵がかかっています!!
このへんでショコりんの目が逝く。


せっかく来たばかりなのですが慌てて山を駆け下りねばなりません。
(トイレのある国道まで約3.5キロ)
このままでは車内だっぷん・・・・
    (生々しいのでひらがなでお送りします)
あるいは美しい桜の下でのぐそ!!
    (生々しいのでひらがな 以下省略)

おお!ショコりんの額に滝のような脂汗が!と思ったところで
大師堂の隣に燦然と輝く「お厠」を私が発見したのです。


ああ、静寂の中のウグイスの清々しい囀り・・・・

厠から現れたショコりんの後方には
若干後光が輝いて見えました。(解脱された模様


IMGP9060.jpg 

まあ、そんな感じで調子も出てきたので麓の滝にてさらに清められつつ
高知まで行ってみることにしましたよ。


IMGP9083.jpg 

さすが太平よおはええのおお。光が舞っちゅう!

などと
道すがら撮影したりして。(横浪黒潮ライン)

キャアキャア言いながらはしゃぐオヤジ二人の撮影隊は
ツーリングのおじさま方に結構怪訝な目で見られたよ?

毎度の如くのカツオのたたきも食っちゃうぞ。
(須崎かわうそナンチャラ)

IMGP9078.jpg 

ああーーーー 改めて見るまでもないけど・・・もう、
ものごっつう出川に似てると思う。

しかしせっかく
意気込んで高知まで来たものの、来慣れてるせいかすることがなく
五台山公園に巣食うヌコ様をいらい倒して時間を潰したがです。

足の踏み場もないほどいるように聞いてたのだが
発見したのは4匹のみであった。

IMGP9133.jpg

あ、そういやあ横浪黒潮ラインのとある駐車場にも
えげつないヌコ場があり、とりあえずちょっかい出してきた。

じゃんけんしてるわけではない。
IMGP9096.jpg 

ココのヌコ様に餌と寝場所を提供してるらしいオバアが
うどんとアイスクリンの小店を開いているのだが、
迂闊に近寄るとトラップに引っかかるので注意が必要だ。

アイスクリンこうて〜。



そして今回の高知ドライブの華がコレ(ワシ的に)

IMGP9158.jpg 

見られるかなー??と淡く期待してたら
電車道に出た途端出会ったw サイバラ電車!
呼ぶわ〜www



IMGP29161.jpg 

走行したままストーカーして、
ショコりんさんのスーパーカメラワークにて
押さえることに成功いたしました。

IMGP19163.jpg



次は伊予鉄のサイバラ坊ちゃん列車なんていう
ややこしいことしてくれへんかな。



振り返ってはダメだ・・・の巻







また広告が出てしもたw(ひと月以上放置)





新しいことしてみようかと思って頑張ってたんだけど
もう色々あって断念したところです。

緩めに人生最大級の危機にもかかわらず
心に余裕があるところを見せなきゃ!!←

なんて微細に震えながらここ開いたんだけど、
思った以上に日々は過ぎてて、もう2月も終わりでねのw

たまらんちだねえ。




呻きつつではあるが、放置してた年末ネタを今更思い返しまして・・・・

IMG_4329.jpg

年末コタパ(コタツでパーリー)をしてたのね。
記憶も薄くなってて書きようがないですけれどもねw

IMG_4344.jpg

全然シャイニーじゃないけどー、
体裁の面白いみなさん・・・ ゴージャスなママさんたちを
集めて、極めて緩やかにささやかに開催されたのです。


ケンタのチキンとお寿司がメインさ。

IMG_4340.jpg

クリスマスであったのでバッチリ油モンをキメるのです。
でも
ショコりんの顔より後ろの高田純次が気になって仕方ないは。
(高田純次の世界ぶらぶら)だっけ?


ショコりんのあざとい指くわえたポーズが殊の外面白かったので
みんなでやっております。

IMG_4339.jpg

ユウキマさん全然てらいがございません。さすがです。


アゴいる隊長は・・・・

IMG_4338.jpg

あー、まあどうでもいいかw





で、

年明けの途端に


鬼にどつかれてるアテクシ。

IMGP8332.jpg

つかさ、このおいさん容赦ないのよほんま。

3日ほど背中が痛いんでやんの。
何事よw

IMGP8334.jpg

しかし神の気に満ちた空間で、こんなにどつき倒されたのに、
大して憑き物は祓われてなかったというね。

どうせ全部わしが悪いのさ。w
本当に今年は先が思いやられるは・・・。




そして
↑こんなことをほざきつつ、
ネタが溜まってるので唐突に轢死体です。

素敵な0系新幹線車輛に轢かれるなんてああ、エクスタシー。

IMG_4752.jpg

これは何かというと
ショコりんさん家の地元の町(ど田舎)が、ふるさと創生基金(懐かしい)を
活用したかどうかは知らないが、素敵な鉄道博物館をこさえているのです。

私は軽く鉄っちゃんの血が流れているので
練習後のガチマッチョラグビー部員を見たくらいには興奮してます。

IMG_4754.jpg

C57にも特攻をかけちゃうわけ。
素敵な黒光り。

IMG_4755.jpg

これはもう大好きだったキハ65気動車。

当時の予讃本線では急行として走っておりました。

これが置いてあるのになんで181系が置いてないのだ!!
などとブツブツ言っておりますと、もうショコりんさんが
どんどん遠くなってしまいました。


こんな所で異様なものでも見るような寒い視線を浴びせかけられるとは
非常に心外だが、自分も大人なので「こっちで座ってごらんよ」などと
余計な優しさを見せてみたりするのです。

IMG_4613.jpg

あの激しいエグゾーストノイズは聞こえないが、30年前を旅してる気分。
すっかりご満悦。


IMG_4595.jpg

0系新幹線の運転席にも乗ってみたりした。

IMG_4600.jpg

ショコりんおいさんはDF51にて出発しんこー。



今は亡きお祖父さんに連れられてこの機関車が走るのを見たのを
思い出したりして、ヒロおいさん少ししんねり。(昭和47年頃のおもひで)

IMG_4756.jpg

キハ65車内。
しんねりしたまま積極的に過去にひたるのであります。


表にフリーゲージトレインの試作車が置いてあった。
(瀬戸大橋経由で新幹線をそのまま乗り入れようというね)

IMG_4753.jpg

中に入れなかったので特に感想なしw

味わいは薄いけどこういうの走り始めたら
また電車の旅もしてみたくなるべなー。


あーところでこの車輛はカルダン駆動方式でね、あら?

ショコりんおいさんどこまで遠くに行ってしまったのかしら・・・

白い道  ←親鸞上人様とは関係ありません

結局寒くなって釣り戦闘は春先まで日延べになってしまった訳だが
先日早々とオープソしたスキー場のお話がございまして・・・



ちょっと遡って12月1日。
まだまだ長袖Tでも全然平気という気温の松山でありますが。

車で50分ほど高知県側に走った久万高原町では2日前に積雪があったそうで
松山の雪猿達が大変楽しみにしていたスキー場の華々しいオープンを
祝うようである事よのお〜。

などと

しょこりんに話をふってはみたものの・・・。





というのは4年ほど前出かけた山陰の瑞穂ハイランドでの出来事。

ワタクシにむりやり上級者コースに連れ込まれ、そこでえらい目に会った事を
しょこりんは未だに恨みに思っておりスキーの話をしよう物なら

二度と滑りになんかいくかぁ!おらぁ!等と

ワタクシを威嚇叱責するのです。


ところがですよ?

984117_887925897990260_1962942643369003501_n.jpg

あらどうしたのかしら? しょこらさんノリノリ。








それは多分本日はリフト代が無料なのだからなのですよ。

そう。この言葉を聞けばどんな罪も消えるのです。 無料。

1934248_887925731323610_253777740153843852_n.jpg

ということでそんな無料にロマンをかき立てられた
しょこらさんを車に乗せて・・・

どころじゃないほど暖かい日差しの中
ローソンでかった鳥皮餃子を貪りながら、峠にむかったのです。




期待の中ずんずんと900mほど山を登ったが雪は全く見当たらなかった。

この二日ですっかりとろけたようである。

10523358_887926004656916_852149304105055499_n.jpg

屋根の下にちょこっと残ってて子犬的にときめいた。


つうか、はよ柿採って干したれやと思う。

うちの親戚も二束三文にしかならない柿を大量放置で
もっとすごい事になってしまっている訳であるが、ここにきて
農業人口がなんたらと現役農業中年のしょこらさんと論議が始まってしまう。

1916887_887926791323504_4334782685831727196_n.jpg

いい加減切ればいいじゃねえかと毎回思う道の真ん中の木。

でもここを通ると久万スキー場に来たなあという気分になるの。



で、1時間もかからずあっさり到着。

そんなには車もいなくて、ゲート前のいいところに鮮やかに駐車。

この辺、日頃の行いの良さが出ちゃうのよね〜。


等とアフアフほざきながら車を降り、顔を上げた訳だが

1930492_887926531323530_8783802131660880136_n.jpg

その目の前に広がる白いゲレンデ・・・いや。道。



しかも例年になく細いっちゅうね。

1937035_887926044656912_5198234539952683658_n.jpg

もう、とたんにモノクロの雰囲気w

(しかも中島みゆきの最新アルバムが延々ゲレンデ内に大音量)



これはワナにはまったかと一瞬ケツの穴を引き締めたが、




やはりなんちゅうんですかねえ。
         久々に滑ると大変に楽しい。

すぐさまケツ穴解放。

64492_887926091323574_8872659509419538840_n.jpg

これ今日は人は少ないのだが、なんせ狭い中を滑っていくので
結構難関であった。

近所の老夫婦も来てたが、若いボーダーの傍若無人さに
口をあんぐりで中程で立ち往生してたりした。

まあ、スキー全盛だった頃に比べたら世界が変わったわなー。



12377748_887927407990109_6379894529224627673_o.jpg

どんどんボーダーの皆さんが突っ込んでくるので
上手くゲート内に突入できず、そねみながら苦笑いのしょこらさん。


10300093_887926194656897_4069444596446751746_n.jpg

1000メートルも無いコースだからハシハシと20本ばかり滑って
ワタクシはいきなり座り込む若いチャンネーに接触転倒2回 
お兄さんと豪快な絡みで吹き飛ぶ事1回。

しょこらさんはなぜか土の上に飛び降りてしまって
変に苦悩した動きを見せており、周囲を喜ばせていたりした。


今度はもうちょっと幅広い道で滑りたいですわねえ。

12360231_887926371323546_7513955056900067082_n.jpg