みんなシメちゃる


12月もたけなわ、寒いですネエ(*´`)ノ(´_`)ンー。
皆様いかがお過ごしなのでありましょうか。
まあどうでもいいけどw

いきなりタイトルとわ、なんの関係もない
写真なんだけどいちごのタルト作ったの。  

201812182357348d0.jpeg 

産直市場で350円に値切ったさちのかと
業務用格安生クリーム(しかも苺風味)で
素敵な仕上がり。

コレは鍋パ後の口直し用に作ったのですよ。

で、鍋パといえばこの行事......

さあーーーーあ!!   
よせばいいのに今年も極寒の海に
漕ぎ出して来ました!


我々の街では山沿いが降雪となっており
否応無くも盛り上がる我々w


ゴマ隊長の
これホントに出撃するの~?  との
尻込み気味な発言に不安はよぎったものの

20181218235741eb2.jpeg 

宇宙 海に出てみりゃ 
あっさり釣れるし...。

夏にも登場頂いたオオモンハタ様。
                     (凶悪)

※しょこりんの被り物が不可思議なのは
    気にしないでね。
201812182357387bd.jpeg

久々の派手なヨコスジフエダイも登場。

隊長のオオモンハタ捕獲で
ふくれっつらになっておった
しょこりんもこの後
オオモンハタをいわしてにっこり。

カメラの前にズイズイ押し出す撮影法で
無駄に大きな魚感を強調しております。
※しょこりんの被り物が不可思議なのは
    気にしないでね。

20181218235739fc1.jpeg

その後もあへ顔の底物のみなさんが我々を
殲滅すべくどんどん登場。

私も一回でハタ三連というフェスティバルを
開催してしまい、テンションの上がりきった
しょこりんの笑顔が怖いことになっており
私は少し海側に体を引いたのです。

201812182357325bc.jpeg

この画像は隊長が大変気に入って
しょこりんの顔をスタンプにしようと
したほどなのですよ。
※しょこりんの被り物と笑顔が不可思議なのは
    気にしないでね。

隊長が捕獲した
やたらと引きのトルクがよかった
メッキアジ様。
美味しいので大変嬉しい。

20181218235736a5f.jpeg

思わぬ爆釣で大喜びする我々であったが
じわじわとアタリも遠のき強まる北西風。

(以前この海で大怪我をさせられた
   大分辺りのテルが、嫌がらせの
   念波で吹かせているのやもしれぬと
 三人で疑心暗鬼になってみたりした。)



油断すると帰れなくなるという
恐怖心がじわじわと染み込んできて
寒さも増してきた事もあり
その前に湾内へ避難しつつ撤収準備。


そして
オチは超巨大なエソであった。
(そんなに食いたくもないし
   釣りたくもない糞魚)
(かまぼこの原料にすると
   特別美味しいお魚星人)

 20181218235735fb8.jpeg

ウエポンをめちゃくちゃにされ、
どうしようもないほどの
しょこりんの苦笑いで今年の戦闘はあえなく終了。

わずか3時間ほどの戦闘であったが大勝であった。


 
戦勝会ではクエ鍋風のオオモンハタ鍋で
きゃつらを美味しく退治して
今年の夏から続いた激しい戦闘は終わりを
告げたのであった。
 
誰に告げたのか知らんけど。


ハンバーグ!!!


 さて、地元の焼肉屋資本が
 今治市に俵ハンバーグのお店を出すというので
 
 俵ハンバーグ好きのしょうちゃんとしては放っておけず
 ここは一発お見舞いされてしまおうかと
 30分ほど車を走らせ、来てしまったわけであります。

2018112222380255a.jpeg

 居抜きとはいえ店構えはしっかり作ってあるので期待。

 それなりにお客さんも入っており、
 気合の入った店員の威勢のいい声が店内にこだましていた。



20181122223759406.jpeg

 で、いきなりのふくれっ面である。

 入り口で放置プレイをかまされたのもあるが

 15分経ってもプレイ続行のようで
 お冷も出てこないのでし。
 


動線が異様に悪いせいかあちこちでいろんなものがぶつかり合い

(プレオープンというのもあってか)

    スタッフが浮遊霊のように
        意味不明に駆けずり回り

 さきほど威勢のいい声かと思ったのは
    単なる怒号が飛び交っているのであった。

 恐ろしいことに中国のPM2.5ばりに店内が煙っており
 呼吸が怪しくなってくるのである。


20181122223800361.jpeg

 そんな実家の台所で飯を食っている気分を満喫しつつ

 『超』粗挽き牛100%俵ハンバーグ250g 1180円(税抜)と
          ご飯が出てきたので、しっかり味わおうと思う。



 

 せっかくのレアでも食えるステーキ肉からの
 肉汁完全脱出煮え煮えハンバーグ登場。そして歯ごたえ抜群。

2018112222380183b.jpeg

 感想 = ああ,もう来ないかもしれない。
 


 うなだれて店を出ると
 田園地帯で大量の肉を焼いているせいか
 純白の店の壁に大型のクソバエが大量にたかって
 ごま塩状態になっていた。

 そういやあ店内にも飛んでたなと振り返りつつ

 いろいろ考えることが多そうだなあこの店と
 他人事ながら心配になったのであった。
  
20181122223806d0c.jpeg

映画にもなったらしいぞ 栄福寺

しかしながら、新しいお店のオープンを寛容に喜んで上げられない
自分たちの荒んだ心に少々寂しさを感じたりもした。

そんな心に一条の光を当てて頂こうと
近くにあった57番札所 栄福寺 に転がり込んだのです。

20181122223808566.jpeg

 ええ服(えいふく)を自慢するの図
 オヤジギャクでございます奥様。

 
若い住職が着任しているせいか
ロゴタイプを作ったり、敷地内の建物がデザイナーズハウスであったりと
こじゃれた感じで清々しく、心洗われたのであった。

20181122223812819.jpeg

山手にあることで紅葉も素敵であった。

さらに山手に仙遊寺があるのだが
駐車料金に軽自動車400円も取りやがるそうなので
実は途中で引き返したのです。

20181122223819902.jpeg

お寺の隣は石清水八幡様が祀られていたが
参道が先だっての雨で崩壊寸前になっていた。

崩壊した風化花崗岩のあたりに水晶が露出していて
しょうちゃんが色めきたったが
参道内であり神様のものであるので採取は断念した。


20181122223819ecc.jpeg

 帰り道 昨今近場で有名になった周ちゃん広場のカフェを
 見に行ったが、イチヂクパフェなど見るにつけ
 このようなしょうちゃん家の畑に転がっているものに1,000円近く
 払うのに胸が痛み、本当に見学のみでやめる。

 なんという貧乏性であろうかと乳首がむず痒くなる。


201811222238181ce.jpeg


なぜか魔都あいなーんのバスがきていて、
じい様ばあ様が買い物に勤しんでおられた。

魔都の方が シャレにならないクソど田舎 農産物は
豊かではなかったか???  と、

不可思議な気分となったが、ところ変われば
似たようなものもよく見えるのであろうかと納得したりした。


いちご1パック580円買えばよかった。うまそうだった。

こんな屁だれた生活をしておりましたよ


と、まあ近所をウロウロしたムービーを
インスタに上げたりしてたわけであるが

それをボチボチこちらにも貼っておきましょうかねえ…
という、簡単な更新で御座います。



かつて住んでた道後温泉の近くから密かに石鎚山山麓に亡命して
2年近くが過ぎようとしてますが早いもんですねえ…○o。(○゚ω゚)


こっちに来て高知や香川が近くなったこともあり
そっちに行く事が多くなりましたなあ。

   

最初の頃は桂浜なんかも嬉しそうに出かけてたのであるが
最近は目的地も決めずにウロウロ。

調子こいて帰りのことも考えず室戸まで走ってしまい
イノシシが走り回る夜中の四国山脈を越えたりした。


何がびっくりしたって、遠いなあと思ってたら
毎回釣り戦闘に出掛けてる魔都あいなーんが室戸に行くより
更に遠くなってしまったって事。つらたん。

面白いところをみつけたりもしましたけどぬ。


↓↓↓ 伊尾木洞



小規模ながらこんな面白いところもあるんだなあと。


前回のネタにもあったけど琴平あたりまでが近くなったこともあり

うどん屋を攻めたり、札所を押さえたり。

札所はかなり廻ってるんだけど朱印もらってるわけでなし
ワシら何周目なんやろ??





んで、今期はガッツリ休みを取って西条祭りを追っかけたりもした。



地元のショータ(しょこりん)先生はそこまで盛り上げってはいなかったが

ヒロオヤジはちょっとばかりもりあがったぞw




それにしても祭り終わって1ヶ月になろうかと言うのに
未だに酔っ払って太鼓たたいてるのが散見されるんだが
この域に達するにはまだ時間が必要なようだ。


わたしのお墓のま~えで~🎶 で有名な秋川御大はここが地元で

美声を響かせながら毎年祭りを楽しんでるらしいのだが
一度も見かけたことが無いw